大阪市東淀川区 トールペイント&デコ・コラージュの自宅教室
TinkerBell~ティンカーベル~のホームページへようこそ♪

  • 無事に退院しました♪

    2016年3月13日

    それは
    去年8月頃から始まりました

    背中左に痛みがあり、整体に行っても
    一向に良くならず

    痛みは、背中から左肩に
    昼間は痛くないけど、夜になると痛みだす

    知り合いの美容師さんに「鍼は?」と
    アドバイスを受け、鍼灸整骨院へ
    鍼を打ってもらっても
    翌日にはまた痛い(><)

    3回ほど試してもダメ
    枕が合わないのかもと、外して寝てました

    そのうち夜中に
    背中の痛みで寝られなくなり
    首の神経か?とレントゲンを
    撮りに行ったのは、11月になってました

    結果は骨に異常はなく
    肩凝りだろうと薬を処方してもらいました

    それでも痛みは収まらず、薬だけではダメで湿布を処方してもらったりして
    年を越しました

    年明け13日
    看護師でもある生徒さんKさんに
    その話をしたところ
    「MRIを撮ったらどう?」
    ということになり
    Kさんの勤め先のクリニックを受診
    紹介状をもらって
    近くの病院でMRIを受けました

    その結果
    脊髄(頸椎)に腫瘍があることが判明
    ずっと肩凝りと思ってたのが、神経を圧迫してたわけです

    「ほぼ良性と思うけど、病院を紹介するから、早めに手術を受けなさい」と言われました


    その日は、奇しくも旦那の誕生日でした
    夜、家族会議・・

    そして阪大病院を紹介してもらうことになり、整形外科を受診したのが私の誕生日でした

    その日の内に色々、検査を受け
    手術は2月26日に決まりました


    湿布のせいで、カブレがひどく
    細菌が入ると困るからと湿布は禁止
    手術までは、クリニックで神経に効く薬を出してもらいました

    間に、増影MRIとCT検査を受け
    麻酔科の先生の話を聞き
    病棟の先生の検査を受け
    2月24日に入院しました

    その頃には、左上腕部にも少し痺れがあり
    朝起きると、首の付け根が痛くて
    くしゃみをしようものなら
    腕に衝撃が走ってました

    左肩は、常時痺れが出てました

    手術は26日の午後
    旦那と妹が来てくれました

    手術室までは歩いていき、麻酔をかけられたあと
    気づいたのは病室のベッドの上でした

    首に管があって、それを取ってもらうまでの3日間がしんどかった~

    5日後に、個室から4人部屋に移り
    それからは順調に回復(^^)v

    個室は、電波が入りにくく
    携帯もなかなか繋がらず
    4人部屋になってからLINEで連絡が
    出来るようになりました

    手術直後から、左肩の痛みは無くなり
    脊椎の手術で心配されてた後遺症は
    腕も上がり、運動機能も問題なし

    脊椎の腫瘍摘出手術は
    そんなに多くはないそうで、知らずに一生を終える人も多いとか
    その中で、脊椎のエキスパートドクターに
    手術してもらえた私はラッキーでした

    腫瘍も良性と判明

    手術から、ちょうど2週間の3月11日に
    退院しました(*^^*)

    傷よりも、筋肉痛?
    首に痛みはありますが
    次の検診までは、ゆっくりします
    自転車も禁止なので(笑)



    阪大病院のデイルーム正面に
    太陽の塔の後ろ姿
    横には、大観覧車の工事
    エキスポシティも、すぐ近くに見えます
    14階まで上がると景色も壮大
    阿倍野ハルカスが、うっすらと見えたりね
    退院前日に、夜景を撮りました

    お見舞いに、生花はダメでしたが
    退院した日に、娘が花束をくれました

    入院中に、塗り絵やら手遊びを
    しようと準備したものの
    結局、何も出来ず^_^;
    でも本は4冊、読みました

    起き上がれるようになるまでは
    旦那が、会社帰りに毎日来てくれました

    2月に転職したばかりの娘も
    日曜にお見舞いに来てくれて
    家のことも、しっかりやってくれてました

    家族にも感謝♪
    今月いっぱいは、のんびりさせてもらいますm(__)m